スキンケアというと、基礎化粧品である“化粧水”に始まり、
乳液、美容液、クリームというラインが定番のように考えられています。
特に化粧水に関しては、多くの人が洗顔後、何も考えずに当
たり前のようにつけているはずです。
しかし使用法のおすすめは、、洗顔後すぐにつけるのは化粧水ではなく美容液です。
理由は、洗ったばかりの清潔な肌に美容液の成分をダイレクトに届けるためです。
化粧水はその成分のほとんどが水分ですから肌の奥にまでは届きません。
とはいえ、化粧水ならどんなものでもいいわけではありません。
選び方によっては、せっかくどんなにいい美容液をつけてもその効果が半減します。
口コミによると、化粧水を選ぶときの基準は、弱酸性でオイルフリーであることが
一番スキンケア効果が良い
そうです。
それを、美容液をつけたあと、まず手のひらにたっぷりつけます。
それをフェイスラインを包み込むようにして5回塗り、次に両頬をやさしく押さえて、
8秒。最後に目元からおでこを包み込み、また8秒とハンドパックをしていきます。
これを毎日続けていると、手のひらを通して肌の状態(乾燥、うるおい)がわかってきます。
肌がうるおいがあって弾力があるときは、肌のほうから手のひらに吸いついてくるのがわかります。
化粧水のつけ方ですが、口コミによると手のひら派″と。コットン派″とに
意見が分かれますが、どちらも使うのがベストです。
化粧水の使用上の最大のおすすめは、化粧水1本を「人の2~3倍の速さで消費する
くらいの感覚で使う」
こと。
  たっぷりの化粧水をつけるスキンケア法は年齢を重ねても目立ったシワがなく、
ファンデーションを塗らずにすむ状態でいられます。
なんとなく肌の調子が悪いなと感じたとき、美容液をつけたあと化粧水で顔を洗うくら
いの感覚でたっぷり使ってみてください。
((スキンケアの考え方))
よく、「こんなにお手入れをしているのに、ちっとも肌が改善しない」人がいますが、 実はスキンケアに熱心な人ほど肌が衰えているのです。これはなんとも皮肉な ことではありませんか。
肌のタイプはそれこそ千差万別。マニュアル通りに化粧品を使えばきれいになるという ものではありません。だからこそさまざまな商品を試して、しまいに自分の肌がどういう ものを求めているのかわからなくなったりするのでしょう。
自分のためのスキンケアラインを見つけるには、いったん自分の肌を、“素”の状態にリ セットすることが必要です。
肌をリセットするのに一番いい方法は、美容液と化粧水のみのお手入れにすること。
このお手入れを続けていると、肌の状態は少し乾燥に傾くかもしれません。特に栄養ク リームをたっぷり使ってきた人ほどそれを感じるはずです。
これは油分に慣れすぎた肌が自力で油分を出すことを停止してしまったからです。 その状態から脱却して肌が自分で油分を出せる状態にしていかなくてはなりません。 けれどいくら自力で出さなくてはならないといっても、出せるようになるまで乾燥した ままにしておいてはシワの原因になります。
  

Hello world!

lm2-1_2

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

Categories

Recent Posts

This your area image rotator or your ads. You can put your image here for example thumbnail or your product, and also you can change every time you want. To activate this rotator
Go to WP-Admin-> Appearance-> Theme Options to configure this widget
August 2014
M T W T F S S
« Sep    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031